Skip to content

令和2年7月10日(金)
守っていますか?『9時オフ』
 皆さんは夜9時以降に電子機器を使うことはありませんか?大隅地区PTA連絡会や志布志市PTA連絡協議会では,携帯電話・スマートフォン,ゲーム機などの電子機器を小学生や中学生には夜9時以降は使わせないように提言しています。
 また,夜の懇親会への参加も,9時までには切り上げ帰宅するよう呼びかけています。これは,夜の懇親会から帰ってきた子どもは,興奮していてなかなか寝付けないからです。
 寝る前ギリギリまで電子機器を使っていると,電子機器からブルーライトが出ているため,寝付きが悪くなるそうです。ブルーライトとは「目に見える光の中で最も強いエネルギーを持つ光」です。
分かりやすく言うと,紫外線に非常に近い波長の光です。パソコンやスマートフォン,ゲーム機などのLEDディスプレイからは,このブルーライトが多く出ています。ブルーライトはエネルギーが強く,人間の目の角膜や水晶では止まらずに,網膜までたどり着いてしまいます。ブルーライトを多く浴びることで,目が疲れてしまいます。さらには,目から情報を得ている脳が疲れてしまいます。脳が疲れてしまうと,勉強などをしてもなかなか頭に入ってこないため「物覚えが悪い」という状態になります。
 他にも,ブルーライトの影響は,睡眠障害といって眠りが浅くなったり,肥満の原因になったりするそうです。
 さらに,夜の懇親会に遅くまで参加し興奮し,なかなか寝付けないことで浅い眠りになってしまいます。すると,翌朝の「あくび」「居眠り」「学習意欲の低下」につながってしまいます。
 志布志中学校の生徒の皆さんは,自分の意思で,「電子機器9時オフ」と,「夜の懇親会9時オフ」を守りましょう。

   令和2年7月9日(木)
志布志高校に進学した先輩からのメッセージ
 先日,本校を卒業後,県立志布志高校に進学し,令和元年度に志布志高校を卒業した先輩からメッセージが寄せられました。本日は吉原先輩からのメッセージを紹介します。
 皆さんは志布志高校にどんなイメージを持っていますか?勉強ばかりで大変そうとか,行事もあまり楽しめなさそうと思っている人もいるかも知れません。私も中学生の頃はそう思っていました。でも私は志布志高校に入学して,本当に良かったと思っています。志布志高校には大学進学を目指す人はもちろん,専門学校や公務員を目指す人もいます。どんな進路でも先生たちは全力でサポートしてくれます。私も周りの仲間や先生のサポートのおかげで,無事第一志望校に合格出来ました。志布志高校にいる先生,生徒は本当に心優しい人ばかりです。そして,志布志高校生は行事にも全力で取り組みます。志布志高校の体育祭はとても熱く,競技している私たち,見ている人たち,すべての人を感動させることが出来ます。また,文化祭も盛り上がります。カラオケ大会が開催されたり,ステージでは劇,歌やダンス,ヲタ芸などを披露する人もいます。三年後には,皆志布志高校で良かったと言って卒業していきます。皆さんも志布志高校で素敵な三年間を過ごしませんか。
平成29年志布志中学校卒 吉原奈那 

令和2年7月8日(水)
凡事徹底(ぼんじてってい)とは,「3K」ができること
小さなことや当たり前のことを大切に積み重ねることができる人は,将来,大きなことができます。
3年生の3学期に,成績を大きく伸ばして第1志望の高校に合格することができるのは,小さなことを毎日大切に積み重ねてきた生徒です。あいさつや服装身だしなみ,清掃はもちろん,宿題,部活動,これらのことを毎日きちんとできる生徒ほど,目標実現がより確実になります。
「凡事徹底」と言われます。凡事とは,平凡なことです。しかし,徹底してできるように繰り返すことは,将来一人前の大人としての基礎を築くことにつながります。
例えば,靴やスリッパを脱ぐとき,きちんと向きを変えて先端を揃えることが自然にできること。食事が終わって立つとき,席を元の位置にサッと戻せること。学校で来客とすれ違ったら,相手の目を見てからしっかり立ち止まり,「こんにちは」とあいさつをし,その後丁寧にお辞儀をすること。これらの,当たり前のように思われていることなのですが,ここまで徹底してやることが真の凡事徹底なのです。こんな相手の目を見てからしっかり立ち止まり,「こんにちは」とあいさつをし,その後丁寧にお辞儀をする凡事徹底のあいさつをされると,私たち大人は感動せずにはいられません。
もし,会社の採用担当者や高校の面接官がこのあいさつに触れたならば,「この生徒を我が社,我が高校に入れたい」と思うことでしょう。
ホテルや旅館に泊まったときに,一見(いっけん)するときれいに見えても,部屋の窓,ドアの枠の上や天井の隅を指でなぞってみると汚れていることが多いものです。しかし,一流と呼ばれるホテルや旅館では,そんなことはありません。同じように清掃されているように見えても,通り一遍(いっぺん)の掃除と清掃との差は,とても大きいものです。
一流と呼ばれる旅館やホテルでは,隅々までしっかり清掃が行き届いています。一流のホテルや旅館で働く人たちは,あいさつも身だしなみもきちんとしていてプライドを持って仕事を楽しくやっています。つまり,凡事徹底とは,「目配り・気配り・心配り」の3K(配り)がしっかりできるということなのです。