Skip to content

3月24日(火)に第73回卒業式が行われました。

新型コロナウイルス感染防止のための学校休業が続き,

十分な練習もできないままの卒業式でしたが,

24名の子供たちは,堂々とした姿で立派に安楽小を巣立っていきました。

卒業生の更なる成長を心から祈っています。

 

2月8日(土)9日(日)に安楽春祭りが行われ,本校児童12名が正月踊りで祭りを盛り上げることができました。

県の無形民俗文化財に指定されている伝統のある祭りを支えている子供たち,たいへん立派です。この2日間,山宮神社と安楽神社で奉納し,各地域で踊りました。寒い中,お疲れ様でした。

新年おめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いします。

新年の1月4日(土)。   成人式を終えた卒業生が,学校にタイムカプセルを取りに来ました。

タイムカプセルから出てくる思い出の品を見たり,

校内を見て回ったりしながら,小学生時代を思い出し,懐かしんでいるようでした。

また,いつでも母校安楽小に遊びに来てくださいね。

12月15日(日)にわかあゆ会の門松づくりと家庭教育学級のそば打ちが行われました。

本校伝統の高さ4mにもおよぶ巨大門松は,今年も健在で,

わかあゆ会のお父さん方のおかげで,立派な門松が完成しました。

家庭教育学級のそば打ちも,地区公民館の女性部の方の御指導のもと

おいしいおそばができあがりました。

門松を作り終えた後,お父さん方も公民館へ移動し,

みんなでそばをおいしくいただきました。

 

12月14日(土)に,本校で十年以上続く交通安全呼びかけを行いました。

本校校区にお住まいのおばあちゃんが作った交通安全のお守りと

本校児童が書いた交通安全のお手紙,志布志警察署からいただいたマスクを

校区内を通っているグリーンロードで通勤途中の運転手に手渡しました。

この交通安全呼びかけは,「安楽の子供たちが中学生になっても事故にあわず,元気に登校してほしい」というおばあちゃんの思いから始まりました。

これからも,元気なおばあちゃんでいていただいて,ずっとこの交通安全呼びかけが続いてくれるとうれしいです。