Skip to content

  今日は,初めて文化祭実行委員を務めた男子生徒の作文を紹介します。
  初めはノリで始めた実行委員。でも,みんなと一緒に文化祭を築き上げていくうちに,やってやろうという気になっていきました。結果的に大成功に終わりましたが,今回の経験で結果よりも過程が大切なんだと思いました。文化祭という同じ空間をたくさんの人と共有できたことは本当にこれからの人生の中で財産になっていくと思う。文化祭,先生方,文化祭実行委員メンバー,生徒全員,家族。すべてがぼくの宝物です。ありがとうございました。
  11月2日,木曜日に志布志中学校第71回文化祭が開催されます。
今,各学年では,学年の出し物を創り上げ,当日,素晴らしい作品を発表するために,一人一人が責任を持って,それぞれの活動に取り組んでいることだと思います。
  君たちが全校生徒で力を合わせて創り上げる学校行事には,文化祭だけでなく体育大会や合唱コンクールなどがあります。作品を創り上げるには多くの時間が必要ですが,発表する時間は短く,あっという間に終わってしまいます。
  そして,君たちの心に印象深く残るのは,素晴らしい発表の時間と作品を創り上げる過程での友だちとの意見のぶつかりや一緒に力を合わせて作品を創り上げている瞬間のことだと思います。何かを創り上げようとする時の心の葛藤は,一生懸命取り組んだ証しでもあります。
  文化祭まで,あと2日,「もっと時間があれば」等々,いろんな思いがあると思いますが,当日素晴らしい発表ができるように,学級,学年が一つになって頑張ってください。

 本校では,スクールバス等を利用する生徒以外には『徒歩や自転車での登下校』を推奨しています。
  2学期も折り返し地点を過ぎようとし,季節も秋から冬へと移り変わろうとしていますが,君たちは,季節の変化をいつ,どこで,どういうふうに感じていますか。
  毎日の徒歩や自転車での登下校をしている人たちは,気温の変化や風の変化,通学路周辺の樹木や花々の変化などを通して季節の変化を肌で感じ取っているのではないでしょうか。
  そして,季節の変化を肌で感じ取ることで,季節にあった健康管理ができているのではないでしょうか。暑い時には直射日光を避け薄着で, 寒い時には身体が冷えないような工夫をする。四季を通して気温の変化を身体で感じたことがなければ,なかなか対応できないことです。年間を通して徒歩や自転車通学を行うことで,君たちは季節の変化と衣服の調節の大切さを学んでいるのです。
  この他にも徒歩や自転車で通学することで,自然の変化だけでなく,君たちの安全を見守ってくださる地域の方々とのふれあい,早朝から仕事の準備をされる方々の姿等多くの事を発見できるメリットがたくさんあります。
  このように,君たちは,毎日の通学や下校を通して,豊かな自然に囲まれ美しい四季のある故郷(ふるさと)と人情豊かな風土を肌で感じ,そこに育っていることの素晴らしさを実感できるのではないかと思います。
  ぜひ,多くの生徒が,季節の変化や人情豊かな風土を肌で感じるためにも,徒歩や自転車で登下校してくれることを期待しています。