Skip to content

平成29年9月27日(水)

 「秋の日は,つるべ落し」とか,最近では陽の暮れるのがだいぶ早くなりました。放課後,各専門部や各係の仕事を行っている生徒や部活動の練習を頑張っている生徒たちにも,すぐに夕闇が押し寄せてきます。
  特に,今日のように天候が悪い日などは,晴天の日よりも10分から20分早く夕闇に包まれてしまいます。
  今週から日没の状況などを考えて,部活動終了時刻が早まり,完全下校18時となりましたが,昨日は,完全下校が完了したのが,18時10分でした。
  校門前で下校指導してくださる先生方は,時間を守ることの大切さを指導されるだけでなく,君たちが少しでも明るいうちに安全に下校できるようにと願って君たちに声掛けをしてくださっています。 
  薄暗い中での歩行や自転車の運転は,交通事故に巻き込まれるだけでなく,不審者等の被害にあう事も予想されます。
  「あの時に 思った後では もう遅い」という中学2年の女の子の標語があるように,事故や被害にあってから「あの時に時間を守っていたら」と考えてもどうにもなりません。
  「自分の命は,自分で守る」ためにも,「時間を守る」という意識を部活動生は「チーム」の目標として,生徒会活動を行っている生徒は,生徒会の目標として取組み,全校生徒が交通事故や不審者事故などの被害に遭うことなく,安全に登下校できることを心から願っています。