Skip to content

新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため今手洗い場はこのようにしています。

足下はこのような工夫がしてあります。

3密を防ぐ,新しい生活様式を意識した工夫です。

これからも,感染拡大防止のため,学校でできることをしていきます。

5年生が「ミニビブリオバトル」に挑戦しました。
ビブリオバトルとは,みんなで集まって本をプレゼンしあって,読みたくなった本(チャンプ本)を投票して決定する,スポーツのような書評会のことです。初めての取組でしたが,さすが高学年,しっかりとプレゼンできました。

5年生の学習の様子です。


何か気づきませんか。

そうです。鉛筆と消しゴムがありません。一人一台タブレット端末を操作して学習しています。総合的な学習の時間に調べたことをプレゼンテーションソフトにまとめて,発表するという活動です。書き込みは,タブレット上にしています。
文科省がすすめているGIGAスクール構想では,一人一台タブレット端末が整備される計画です。タブレットを鉛筆やノートと同じように文房具として使うようになっていきます。子どもたちは,すぐに慣れてどんどん活用しています。すごいです。

 大雨による2日間の臨時休業明けに,全学年着衣水泳を行いました。
服を着たまま水に入るとこんなに動きにくいものなのかと実感していました。
どうしたら服を着ていても水に浮くことができるか一生懸命考えていました。

服を脱いで泳いでみると,着衣のときと違って動きやすいことに気づいていました。

様々なkYT(危険予測トレーニング)をとおして,自分の命は自分で守ることができる松山の子どもたちを育てています。

毎月子どもたちに分かりやすく保健,健康面を呼びかけている保健室前の掲示板があります。
今月は,熱中症予防に関するものでした。

熱中症の応急処置はFIRE

分かりますか。



松山小の子どもたちは,熱中症に注意して暑い夏を乗り切ります。

3年生の外国語活動の研究授業がありました。
初任者の授業でしたが,落ち着いていました。
研究の視点は学び合いです。子どもたちが,お互いに考えを伝え合う活動の中で,学習内容の理解や定着をしていくような学び合いを目指しています。
子どもたちの頑張りに応えるため,その後の職員による授業研究での学び合いも盛り上がりました。

今日5・6年生を対象に薬物乱用防止教室がありました。
講師は学校薬剤師の先生にお願いしました。多くの説明を聞いて,薬物に頼らないことは,自分や家族,周りの人を大切にすることだと感じました。みんな真剣に聞き,自分のこととして,受け止めていました。

6年教室の黒板に書かれた担任からのモーニングメッセージです。
本年度松山小は,「そろえる」というキーワードで教育活動に取り組んでいます。このような日々の言葉かけで子どもたちが,少しずつ「そろえる」を意識できるようになっています。

 6月は食育月間です。
4年学級では,講師に松山中の栄養教諭を招いて
食に関する学習を行いました。

「体を作る食べ物は?」,「エネルギーのもとになる食べ物は?」と栄養素の働きについて学びました。
自分の食事について少しずつでも考えることができるように食育を進めていきます。